ソートベーカリー

小麦粉をこねてパンを焼きます

色覚異常パン

よくNHKのニュースサイトの特集を読んでいる。

意外と知らなかったこと気づかなかったことが丁寧に取材されていて、知れたことで新たに考えさせられるのでとても有難い。

 

昨日読んだのはこの記事。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011786241000.html

 

色の識別が難しい人の話。

 

僕の父も赤色の認識が曖昧なことがあるので、そういう人がいることは知ってはいたが、その為に見えやすいチョークが開発されたことや、色覚検査をしなくなったことで大人になるまで自覚していない人もいることには驚かされた。

 

記事後半の「色覚異常はただの見え方の特徴、いいところを伸ばしてあげてほしい」という言葉には大賛成。後ろめたく思うのではなく、別の得意なことを認めてあげるのは大切だ。

 

しかし僕はこの記事の最後の文が気になった。

 

冒頭の、タヌキを緑色に塗った小学生の男の子の母親にも話を聞くことができました。男の子は強度の先天色覚異常です。ある日の授業で、動物園に遠足に行った時の思い出を絵の具で描くことになったといいます。淡い色が見分けにくかった男の子は、ゾウをピンク色に塗りました。

それを見た担任の教師は、ほかの子どもたちにも聞こえるように言いました。

「遠足の思い出を描いてもいいし、『こんな動物がいたら楽しそうだな』という絵を描いてもいいですよ」

男の子がからかわれないようにと、機転を利かせたひと言でした。母親は「色覚異常も息子の個性と考えていたからこそ、あのひと言が出たのだと思います。子どもたちと関わる学校の先生には、ありのままを受け止められるように色覚異常の正しい知識を持っていてほしい」と話していました。

 

僕はこの教師の対応に疑問を感じた。

男の子がからかわれないように機転を利かせたとあるが、この男の子は別に「ピンク色のゾウがいたら楽しそうだな」と思って描いたのではなく、実際にゾウがこのように見えていたはず。

本来ならこの教師は男の子がからかわれない為に、生徒たちに理解してもらう努力をすべきなのではないか?

人と少しだけ見え方が違うということを生徒たちに説明することが教師の役割ではないか?

生徒たちが「おかしいな」と感じていることに触れないことが問題をより大きくするのではないか。

 

この後に記事のまとめが入って終わるので、この教師の対応は“いいこと”のように紹介されているが、これは当事者の男の子にも、周りの生徒たちにもいいことではないと思い、モヤモヤしてしまった。

見てないパン

今日だけで何度も起きたことなので書く。

 

渋谷駅の中のような大勢の人が行き交う通路にはよく矢印が表示してあり、例えば互いに左側を歩けばぶつかることなく人の流れに沿って行くことができるようになっている。

 

この時、わざわざ反対の流れに入って逆走している人がいて、それが大きく迷惑になっていることは当然で、そんなことを書きたいのではない。

 

僕が困っているのは、同じ流れの中にいて、僕の左前を歩いていた人が、急に僕の前に出てくるケースだ。

僕だって人にぶつかりたい訳ではないので、前に出した足が当たって睨まれたりすると嫌〜な気持ちになる。

しかしこれは車でいうと急な車線変更と同じではないか?

車だったら後ろから来ていないか確認をする場面でも、徒歩の時はしない人が多いのは何故だろう?

 

道路でも同じことがあった。

狭い歩道で人と人がすれ違う時に、片方が車道にはみ出て避けたりする。

後ろからクルマが来ているのに!

何故一旦見ないんだろう。

それを見かけたこっちがヒヤヒヤする。

 

ついでにもう一つ違うシチュエーション。

路線バスから降りる人の多くが、ステップの弾みなのか、タタタッと勢いよく出てくる。

そこに人がいたり、自転車が通りかかる可能性もあるのに全く見ていない。

年齢に関係なくいろんな人がこれをやっているので、停まったバスの横を歩く際は気をつけている。

 

周りを見る。

子供の頃、横断歩道を渡る時に必ず教わるレベルのことだ。

これくらいは当たり前であってほしい。

政治に口を出しちゃいけないパン

年末に地元に帰った時に祖母がこう言った。

 

「政治のことに素人が口を出しちゃいけない」

 

がっかりした。

 

僕の地元のような田舎では多分こういう考えの人がまだまだ多いんだと思う。

国民が政治家をちゃんと見てないと、そこで何が行われているかわからない。

もしかしたら自分達に都合のいい制度を導入して利権を得ようとするかもしれない。

だから日頃から気にする必要があるんじゃないだろうか。

 

母親も昔からそうだった。

「大人になったら選挙に行きなさい」

とは言うが、

「誰に入れたの?」と聞いても答えてもらえない。

「誰に入れたかは家族でも言っちゃダメなの」と教えられた。

 

多分こういうことを言われたことのある人は多いと思う。

政治の話をしてはいけないのに、選挙に行けと言うのは甚だおかしい。

 

僕はやはり、家庭内でも友人間でも、

「自分はこう思う」「いや俺はこうだ」

みたいに意見を持って議論をしていくことが投票行動に繋がるものだと考える。

 

日頃は一切政治の話をせず、意見をブラッシュアップすることもなく、選挙当日だけ偉そうに投票してくる人の方がよっぽどタチが悪いように感じる。

 

村社会では意見の食い違いから爪弾きにされてきた歴史があったんだろうが、今は2019年だ。

憲法は民主主義を唱えている。

言論の自由がある。

僕らは皆、意見を言う権利も、それに反論する権利もある。

沢山の議論をして、より適切な選挙結果を政治にぶつけることが国民の役割であるはず。

 

素人だとか無知だとか言われるかもしれないが、その都度学べばいい。

何もかも全て知った人なんていないのだから、教えあって知ればいい。

 

意見を言おう。勇気を出して。

センター試験パン

せっかくの日曜の午後を4時間も使ってセンター試験を解いてみた。

科目は英語とドイツ語。

 

昨年の6月から英会話スクールに通っており、好きな映画の原作本を英文で読んだ。

その他にもPodcastバイリンガルニュースやNetflixのコメディなど意識して英語に触れてきた自負があったので、大学受験時以来久々に英語の問題と向き合ってみることにした。

 

体感としては、昔と比べて単語レベルで立ち止まることはなくなったし、何の話なのかわからなくなることは一切なかった。

全ての解答に自信があった。

 

答え合わせ。

 

 

118点

 

え…ダメじゃん。

6割も取れていない。

自信がある分だけ尚更良くない。

これは採点だけじゃなくて間違えたところを詳しく見直して理解する必要がある。

もはややってることは受験生だ。

 

そしてドイツ語。

ドイツ語の問題は新聞に載っていないのでサイトから確認することになる。

とはいえ大学で専攻しており、仕事でも稀に必要とする分野。

2年前にもセンター試験に挑戦して高得点だった記憶があるので今回も自信があった。

 

序盤は迷うこともなくスイスイと解ける。楽しいパズルを解いているイメージ。

だが後半、英語を解いた疲れもあって長文を読むのが面倒に感じてきた。

それでも自信を持って解答を続ける。

 

得点は…

 

166点!

 

序盤の凡ミスが響いたが、後半は全問正解。最後の問題を間違えてしまったのはもったいなかった。

 

現役学生ほど本気で打ち込めなくても、社会人になってから気軽に挑戦してみるのは楽しい。

試験を受けるのは多少なり疲れてしまうが、自分が知りたいことは何歳になっても勉強しても良いはずだ。

僕は今、歴史や政治経済にも興味がある。

いつか自分の子供が学校に行き始めたら宿題も一緒にやってみたい。

いくつになっても好奇心が強い人であろうと思う。

格付けパン

毎年正月に家族は格付けチェックを見ている。

 

僕はあの番組があまり好きじゃない。

(ほとんどのテレビ番組が好きじゃないけど)

 

高級品を見分けるって何の意味があるんだろう?

例えばワインなどでも、5000円か100万円かなんてどうでもよくない?

(ここで、5000円のワインも高価だ、みたいなことは僕は言わない)

 

自分が飲んで「美味しい」と満足するワインが“自分にとって”良いワインであることが大事だと思う。

5000円とか100万円とかはどこかの知らない誰かが様々な理由を乗せていってつけられた価値でしかない。

もちろん100万円のワインはそれ相応のものだろうが、それがわからないからといって馬鹿にされた扱いをするのは変だなぁと首を傾げる。

(そういうバラエティ番組なのはわかってるけど)

 

値段とかブランドとか誰かじゃなくて、「自分が」好きなものを選べるようでありたいなぁ。

みんなパン

子供の頃親からよく言われた言葉。

 

「みんなと同じようにしなさい」

「みんなに合わせなさい」

 

みんなって誰だよ!

 

子供の時はわからなかったが、今はそいつの正体がわかった。

 

同調圧力

 

みんながやってるから自分もやる。

そんなの超つまんない。

自分がやりたいからやるんでしょ!

その指針を捨てないように気をつけたい。

 

そのくせ親は、

「みんなが持ってるから僕も欲しい」には乗ってくれない。そういうとこだと思う。

ロストパン

先日、iPhoneのデータが消えてしまった。

 

今思い当たる痛いところでは、

この1年半の写真が全てなくなり、

7年くらいのLINEのトーク履歴も消えてしまったことだ。

 

ドワーっと汗が出た。

 

なかなか冷静になれず、仕事や生活に困ることはないか考えを整理しようとして寝付けなかった。

 

この間に行ったエストニアやドイツやオーストリアスロバキアの写真は戻らない。

行ってなかったことになってしまった。

いや、そんなことはない。

僕はもう5年以上毎日欠かさず日記をつけている。

写真があった方が正確に記憶を引き出すことはできるかもしれないが、写真がなくなってもその日の出来事は日記を見ればわかる。

行ったという事実は変わらない。

 

僕は今回の件を前向きに考えてみることにした。

 

LINEでいろんな人といろんな会話をしてきた。

僕の心の器が小さいせいでイライラしたことも何度もある。それを見返してその度にまた怒りが湧いてくる。そんな会話の数々をもう見ることはない。そう考えると気が楽になった気もする。

 

そもそも友達は多くない。

それでも何人か連絡してくれる人がいる。

それで十分だと思ってる。

 

それで十分だと思っていながら、寂しい時に過去の履歴を見てしまう自分がいた。

 

そんな自分とお別れできて良かった、と思うようにしている。

 

過去をしつこく振り返らず、未来に生きる。

僕に足りなかった気持ちかもしれない。

 

とりあえず今は困ってない。