ソートベーカリー

小麦粉をこねてパンを焼くように、頭の中で考えたことを文章にしていきます。

選択肢が多いパン

子供の成長過程ではいろんなものに触れて欲しいと常々思っている。

 

親の身勝手でピアノや英会話の教室に行かせるより、自らの意思で道を選ぶ方がモチベーションが高く長く続くのは周知の事実で、子供本人には様々な選択肢の中から好きな道を選べるようになって欲しい。

例えば野球しか教わらなかった子がサッカー選手に憧れることはできないし、もしかしたらスポーツ以外にも向いていることがあるかもしれないと可能性を広げるのが大人の役割であるはず。

 

たまに想像するのは、電気も制限して使用するようなアフリカの小さな国で生まれた子供がどうやったら宇宙飛行士やフィギュアスケーターのような何の接点もない世界を目指せるようになるのかというようなことだ。フィギュアなんてどんどん低年齢化していってるし。

ごく稀にウィリアム・カムクワンバのような少年が現れるだろうけど、一般的には百姓の子は百姓になるしかないしその村の人もそういうものだと思ってたりする。

 

だからやっぱり世界中の全ての子供達に今ある“全ての”とはいかずともなるべく多くの仕事や可能性を知って欲しいと思う。もしかしたら今はまだ存在しない職業だってあるかもしれない。

 

だけど僕は「選択肢が多い方がいい」と主張する一方で違うことを思ったりする。

 

僕は選択肢が多過ぎると精査できなくて具合が悪くなる。

この前も少し良さげなレストランを探そうと検索してみると際限なく情報が出てきた。いくつか自分の好みに合うようなものを比較していくうちに、もうどれがどんなだったかわからなくなり混乱してしまった。

 

別の例もある。

誰しも週末の予定を決める時に天気予報を見ることがあると思うんだけど、サイトやアプリによって微妙に違っていて、

「午後から雨」とか「夕方から雨」とか「曇り」とか書かれていると脳が勝手に「曇り」を信用してしまう。

 

選択肢があるということの弊害もあるんだけど、それでもやっぱり子供にはいろんな世界を見せてあげたいかな。

f:id:mumusanopinojr:20191120215807j:image

雑巾パン

家で古くなったタオルを雑巾にした。

 

ふと、7年くらい前に読んだ新聞の小学生の女の子の投稿を思い出した。

 

その子の友達が汚れてしまった布を見て

「これからは雑巾に昇格!」と言ったので、

「雑巾なら降格じゃないの?」と訊くと、

「沢山お仕事したから昇格なんだよ」と返ってきた、という内容。

 

これを読んだ当時、ものの見方次第で何でもポジティブになることを教わり、同時に酸いも甘いも染みついて大人になっていくものだと知った。

 

今そのことを思い出し、自分は物事をポジティブに捉えられているだろうか、自分は様々な経験をこの身体に吸収しているだろうかと省みてまた明日を生きようと心に誓う。

f:id:mumusanopinojr:20191119222234j:image

お金の話パン

有名女優が逮捕されて、ドラマの撮り直しが話題に上がり、その損害賠償の話になる。

 

離婚したタレントの慰謝料の話とか、

納税を怠った芸人の収入とか、

何でみんなそんなにお金のこと知りたいの?

 

そんなことよりさ、自分のお金のことをもっと考えた方がいいと思うよ!

「ポイント10倍デー」とか「キャッシュレス決済で5%還元」とか最近だと「Amazonブラックフライデー」とか、消費を促す宣伝ばかりが目立つんだけど、時々自分に問いかける、

 

その買い物、本当に必要かい?

 

ほんのちょっとくらい〜の積み重ねが知らぬうちに大きな出費になっていたりする。

電子決済を使うほど実際の貯金の減り具合が実感できなくなってくる。

 

今更「貯金しろ」なんてことを言いたい訳じゃないけれど、そのお金が「使っている」のか「使わされている」のかは意識しておきたいかなぁ。

経済が回ることは大事なんだけど、なにも不要なものを買うことはない。

買わせよう買わせようとする企業の口車に乗せられず、本当に自分が欲しいものを買う、それが健全な経済の回し方であると思いたい。

f:id:mumusanopinojr:20191118215403j:image

無償化の影響パン

幼稚園保育園が無償化されて1ヶ月あまり。

現場の状況が特集されていた。

「自分は子育てしてないから関係ない」と思う人こそこれを読むべきだ。

News Up 幼保無償化の波紋…「私、保育士辞めます」 | NHKニュース

 

2017年の衆院選で「無償化します!」の公約の内容も影響も考えず「無償?良いじゃん!」と安易に投票したことが現場を苦しめているということを知ってほしい。

 

当時から天野妙さんあまのたえ@微力だけど無力じゃない (@Tae_Amano) | Twitter

らは「無償化より全入を」「#保育園入りたい」という主張をしていて、保育園を必要とする親や現場で働く保育士の立場を考えることの重要性を訴えている。

 

結局のところ“選挙”というシステムは人数が多い方に有利になっているので、

「現場の保育士」とか「預けたい保護者」よりも

「既に預けている家庭」や「子育てに関係ない人」の意見が通りやすい。

たとえ自分の生活と直結していなくても、その政策がどんな内容でどんな影響を及ぼすか深く考えて投票行動に移さないといけない。

もちろん絶対的な正解なんてないから、いろんな意見を聞くべきだし、その後の結果も含めてこうして追い続ける必要がある。

 

子供を第一に考えないと、この社会はますます悪化の一途を辿ることになると思う。

f:id:mumusanopinojr:20191117223902j:image

買い物パン

初めてIKEAに行った。

 

出口から女子高生がソフトクリームを舐めながら出てきた。

いやいや、ここは家具屋だぞと思いながらすれ違い店内へ。

 

真っ先に目に入ったのが子供コーナー。

子供を預ける父親にスタッフが「安心してお買い物して来てくださいね」と声をかけていた。

しかもそのコーナーの電子パネルには「20人待ち」と書かれていて、待っている親子がスクリーンでビデオを観てる。

マジか。週末のIKEAはこんなか。

 

全体の広さもわからないままショールームを見始めたのが運の尽き、途中から集中力が切れて疲れが出始めた。

自分の家の間取りを頭に浮かべながら様々な家具やグッズを見て回るんだけど、だんだん足取りが遅くなる。

 

そしてショールームゾーンが終わって買い物ゾーンに入るところにレストランが!

 

これはズルいよ〜

全員入るよね〜

で、週末のIKEAでは座るところもない…。

という訳で諦めて買い物の続きへ。

 

なんとか力を振り絞って最低限必要なピックアップだけしてスタスタとレジへ。

「ベルトコンベアに商品を載せ終えたら黄色いバーを置いて下さい」

海外のスーパーでよく見る光景も、こんなアナウンスでお知らせするのが日本っぽいなと思いつつ、気持ちはレジの奥の看板に向いていた。

 

「ソフトクリーム 50円」

 

これかぁ〜!!

こんだけ歩いたら買っちゃうよ〜

f:id:mumusanopinojr:20191116224353j:image

ダレンシャンパン

ダレン・シャン』のシリーズが好きだった。

 

 



 

サーカスの蜘蛛を盗んだ主人公がひょんなことからバンパイアになってしまい、生まれ育った町を出てバンパイアの世界に足を踏み入れるファンタジー

 

全部で12巻。3巻毎に物語ひと区切りしていた記憶がある。

個人的には同時期に出ていたハリーポッターよりもハマっていて、当時は次巻の発売日を楽しみにしていたもので、今になってまた読み返してみても面白いかもなと思う。

 

どこの本屋にもどこの図書館にも置かれていたし、のちに漫画化もされたから人気はあったんだと思うけど、そういえば僕の周りで読んでいる人がいなかったような気がする。僕が勧めて友達も読んで盛り上がっていたから、僕自身が何処からこの作品を手に取ったのか、きっかけを全く覚えていない。

 

そしてこのシリーズはワーナーブラザースによって映画化もされる。

ハリーポッターのような超大作を期待していたけど、大まかに1〜3巻をギュッとまとめたような内容で物足りなさを感じたし、何より続編がありそうな終わり方をしたくせに結局それっきり作られることはなかったから“コケた”んだと悟った。

 

この作者(ダレン・シャン氏)が後に出した『The City』という作品も面白かった。

約600ページ×3巻の文量で、児童書ではなくアダルトな作品だけど、独特の雰囲気を醸す1つの街(The City)の世界観にかなり引き込まれる。こっちを映画化すればいいのにとか勝手なことを言っちゃう。

 

物語のテンポが良く登場人物も多種多様で楽しいので、彼の作品をいろんな人に勧めていきたい。

年末のクイズパン

紅白歌合戦の出場者が発表された。

 

個人的には特別興味ある話題でもないんだけど、こういうのを利用してクイズとかするのが楽しい。

例えば「41組の内何組当てられるか?」みたいな。

(だって毎年そんなに変わらないし…)

 

年末になると1年を総集したものがよく出てくるので、

流行語大賞の候補何個当てられるか?」とかも遊べるし、

読売新聞には毎年読者アンケートによる「今年の国内/海外10大ニュース」が載っているのでそれを使って、3×3の9マスに順に数字を割り振って2人で1位から9位までを交互に予想していきビンゴを目指す遊びが数年前から好きでやっている。

 

ポイントは、決して不可能なほど高レベルでもなく、少しじっくり考えたら「そうだ!」と思いつく難易度であること。たとえ分からなくても答えを聞いて「あ〜そうだわ〜」と悔しさが残るくらいなのが面白い。

 

うちの親とかはこんな遊びすらも「面倒くさい」と敬遠するけど、何だっけ?と思い出そうとして脳を使う遊びだから親世代こそやってみたらいいのにと思う。

 

みんな疲れすぎてて遊べないんだな。

f:id:mumusanopinojr:20191114210515j:image