ソートベーカリー

小麦粉をこねてパンを焼くように、頭の中で考えたことを文章にしていきます。

名前をつけるパン

もうすぐ産まれてくる子供の名前をどうしようか考え、妻と共に悩んでいる。

 

呼びやすさ、書きやすさ、覚えてもらいやすさ、あだ名での呼ばれ方、ローマ字での書き方などなど、考えることは多い。

(画数については考えないことにした)

 

大抵の場合、親は自分達の願いや想いを込めて子供に名をつけるものだと思う。

 

実は僕には数年前から理想の生き方がある。

それは「強くて優しい」だ。

 

「強い」だけで他人のことを思いやることなく我を通すのはよくないし、
「優しい」だけで自己を押し殺し自分の人生を失うのもよくない。
実際にこういった人を見てきたし、自分を省みることもある。

 

僕自身の体験として、困っている人をうまく助けてあげられなかった場面や、怒鳴られてうまく返せず言いくるめられてしまった場面がいくつも頭をよぎる。あの時自分がもっと強くいられたらと後悔することは多い。

 

「強さ」と「優しさ」を兼ね備えることは、人の痛みがわかり困っている人を助ける力でもあり、譲れないところを守る力でもあり、自分勝手でない形で自己実現する力にも繋がっていく。

僕自身が目標とする精神だ。もっと頑張らねば。

 

心の奥底でそんなことを考えていたのだが、1年ほど前に改めてこの考えに触れる機会があった。

【論語と算盤③】〜何を志し誰のためにどう生きるか?〜 - YouTube

中田敦彦YouTube大学で渋沢栄一著『論語と算盤』を扱った回だ。

 

道徳と経済の両方を大切にするという文脈で紹介された本書では、「人に優しくしなさい」と記されている一方、「しかし勝たなきゃいけない戦いはある」と紹介された部分がある。

これを聞いてまさに自分の考え方と同じじゃないかと感銘を受けた。

 

その後書店に行くと、ちょうど今年のNHK大河ドラマ渋沢栄一を扱うということで、関連本が広げられていた。

なんだか本に呼ばれているように感じた僕は『論語と算盤』を買うことにした。

 

ここには僕の好きな生き方が沢山記されていた。新たな発見もあった。線を引きメモを残した箇所が山ほどある。間違いなくこの先何度も読み返すに違いない。

 

そして自分の子供につける名前も、意味をしっかりと考えた上で『論語』から引用することにした。

f:id:mumusanopinojr:20210508093749j:plain

街の人出パン

多くの報道番組で「街の人出」を昨年の緊急事態時の様子と比較している。

 

「昨年の3倍の人出が〜」と言うけど去年はウイルスがどんなものかわからない恐さから外に出なかっただけなんだから、今年はそれより増えているのは当然じゃないか。

「3倍」という数値も、今年の人出が急増したような口ぶりだが、昨年の人出がそれだけ少なかったという見方もあるはずだ。1人しかいないところが3人になったらそれは「3倍」なのだから。

 

どうやらやってる側も意味がないことをわかっているらしく、VTRが終わると「様々な理由で外出されているでしょうから一概に批判はできませんが」なんて言い訳で締め括る。

 

だけどそんな報道を鵜呑みにして「けしからん!」と怒る人はいる。

そりゃそうだ、自分はどこにも行かず我慢の生活をしているのにテレビの画面では「緊急事態なのに」って論調で街を歩く人の姿が映し出されれば腹も立つだろう。

僕の親戚はまんまと「バカな若者が〜」「バカが集まって酒飲むから〜」と怒っていた。

こんなとき「僕はこの1年で他人の行動にあれこれ言うべきじゃないって思うようになったよ」と言うようにしている。

人の背景なんて一言で説明できるものじゃないんだから。

 

そもそも怒りの矛先が間違っている。

テレビは国会、都道府県議会、市区町村議会を放送すべきじゃないか。

国民は自分たちの代表がどれだけ真剣にコロナ対策をしてくれているかを見るべきじゃないのか。

 

この1年間で日本の政治家がどれだけ役に立たないかを実感したと思う。

ロックダウンなどの強行策に踏み切る法律も整っていなければ、安心した生活を送るための補助もない。そのくせオリンピックやGoToのような利権の絡んだ運営だけは素早い。

そしてしまいには国民同士で相互監視させるという事態を作り上げた。先に挙げた「街の人出」なんてその際たるものだろう。

ダウンタウン松本人志が昨年の番組で「渋谷のスクランブル交差点のライブ中継見てるからな」と言ったことも忘れられない。

個人が個人を監視して「自粛警察」のような働きをすることは絶対におかしい。

 

どうしてこんなことになったのか。

答えは簡単なことで、これまでの日本人が政治家をまともに見てこなかったからだ。

祖母から以前「政治のことは政治家に任せておけばいい、素人が口を出すな」と言われたことがあるがこれは絶対に間違っている。

政治は僕たちの生活そのものだから。

だけど僕たちの上の世代が国民主権を手放しそうやって政治家に好き勝手させてきたことのツケが今まわってきているんじゃないのか。

 

「選挙に行け」と教わってきたけど、日頃から政治の話をしてないのに選挙で誰を選ぶんだ。

なんとなく知ってる人、良さそうなこと言ってる人に入れて、それっきり次の選挙まで無関心を貫く。そんな人ばかりじゃないか。

当選はスタートラインだ。選ばれた人が仕事をしているかどうかが大事なんだ。それを見ていなかった結果がこのウイルスとの1年じゃないか。

 

今僕らが怒るべき相手は街を歩いている人ではなく、のうのうとしている政治家とそんな政治家を選んだ国民のはずだ。

f:id:mumusanopinojr:20210501120504j:image

目の見えない人の世界パン

気になっていた『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を読んだ。

 

以前読んだ『みえるとか、みえないとか』という絵本がある。

この絵本は、男の子が宇宙人と出会い、自分がいつも当たり前にしていることを宇宙人はできなかったり、逆に宇宙人の当たり前の生活が男の子にはできなかったりするという「違い」に気づいていくというお話だ。

この絵本の制作にあたって「そうだん」という役割で参加していたのが『目の見えない人は世界をどう見ているのか』の著者である伊藤亜紗さんだ。

 

この本はまず「視覚障害」というものについての認識を改めてくれる。

一般的に「視覚障害」はつまり「目が見えていない」ということなので、「4本脚の椅子の1本が欠けている状態」をイメージする人が多いと思う。

しかし実際は「3本の脚で立っている椅子」のイメージが正しいとか。

つまり「視力」以外の”脚”でちゃんと生活が成り立っているのだ。

 

それは例えば耳だったりもする。

このNHKの特集はコロナ禍を迎えて視覚障害者が街を歩くための目印ならぬ”耳印”が変わってしまったという記事だ。

開いているはずの店が休業したり、換気のためにドアが開けっ放しになっていることでいつも頼りに聞いている「音」がなくなってしまったという話で、一読する価値がある。

WEB特集 静寂の街 消えた“耳印” | 新型コロナウイルス | NHKニュース

 

そんな風に本書は目の見えない人が物質をどう理解しているか、どうやってスポーツを楽しむのか、絵画を鑑賞できるのか、などなど多岐にわたるテーマを通して「目が見える読者」自身のものの見方を新しくしてくれる。

 

特に今後も考えていくべきだと感じたのは最後のまとめの部分だ。

視覚障害に限らずどんな障害者も他の人と比べて「できない」ことがフォーカスされてしまう。それはまさに大量生産・大量消費を基盤とする現代社会を運営していくうえで、マニュアル通りの作業が「できない」人は不要とされてきたからではないのか?

 

これは昨年末読んだ『アイデアは敵の中にある』の中にも書いてあったことと同じだ。

コミュニケーションを大事にするパン - ソートベーカリー

著者の根津孝太さんも、マニュアルで管理効率を上げようとする企業が自分たちの意にそぐわない相手を「コミュ障」と呼んでいると指摘していたのを思い出した。

 

誰が作っても同じ製品であるためには、決められた作業ができる人を集めなければならない。このことが僕の頭を悩ませる。社会はこのままで本当にいいのか。

僕の疑問はマルクスの『資本論』に繋がっていく。ちょうど最近他でも勧められていたから興味はあったけど、僕はどんどん難しい本の山を登っていくような気がしている。

 

「目が見えないこと」が障害なのではなくて、「目が見えないことによって他の人に就ける職に就けないこと」が障害なのだ。

 

目の見えない人にも特性があって、その特性を活かして仕事ができることが理想的だ。必要なことは、目が見える人が作ってきた”目が見える人の為の社会”を変える為に、目の見えない人のことをもっと知ることじゃないだろうか。

視覚障害だけじゃなく、様々な障害を理解することが必要だ。それはやはり施設に集めることじゃなく、同じ街で一緒に暮らすことから始まるのだ。

 

この本は視覚障害者と健常者の差をなくすことではなく、その違いを互いにうまく利用していくことを教えてくれた。

f:id:mumusanopinojr:20210421000751j:image

世界を広くするパン

休日の過ごし方がわからない。

 

せっかくの休日だから無駄にしたくはないという人は多いだろう。

2度寝をしたり、ゲームをしたり、ぼんやり中身のないテレビを見て過ごして休日が終わってしまうのはなんか嫌だという感覚は誰しも持っていると思う。

 

とはいえ、世の中は「まん延防止等重点措置」とやらで積極的に外出するのもはばかられる。決して僕に友達がいないからではない。

 

そんな訳で前から気になっていたNETFLIXドキュメンタリー映画を観て充実した1日にしようと僕は考えた。

 

Seaspiracy: 偽りのサステイナブル漁業 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

 

海が好きで海の生き物を撮影したいと番組制作を始めたテレビマンが海よりも深い産業の闇に気づいてしまうという内容だ。

 

映画は海洋生物が陸に打ち上げられたというニュースで始まる。
原因は人間が生み出したプラスチックごみ。
クジラやイルカの糞に集まるプランクトンは二酸化炭素を吸収し地球上の85%の酸素を生み出す。つまりこれらの生物を守ることは地球を守ることに繋がり、人間を守ることにもなる。

 

このテレビマンは大好きな海を守るため海岸のごみ拾いを始めるが、日本の捕鯨再開のニュースを見て捕鯨船を出している日本の太地町に興味を持つことになる。

専門家から「あそこに行くと常に監視される」と注意されたが、実態はどんなものかと足を運ぶことに決めた。

 

すると本当に太地に着いてすぐ警察に車を止められる。
「休暇で来た」とその場を逃れるも、その後もあちこちで警察や湾岸警備隊に見張られ続ける。

 

ここまでで開始10分。
この後も世界中でこんなことが行われていたのかと絶句する場面が多々ある。
そしてそれは漁業全体の問題に繋がり、さらには自然保護を堂々と謳っている団体の裏側を知ることになっていく。

 

とんでもない映画だった。
これを見ると安易な気持ちで魚を食べられなくなる。
環境問題の話を学んで牛肉も減らそうかなと考えるようになっていた僕は、知れば知るほど好きなものを食べられなくなるという不のスパイラルに陥った。
スーパーに行っても常に罪悪感を持ちながら買い物をしている。
「無知は罪だ」と感じたことはあるが「知もまた罪」となるとは。

 

それでもこの映画を僕が勧めたい理由がある。

 

ジャーナリストの凄さを感じたからだ。

 

このテレビマンはヤバい世界にどんどん踏み込んでいく。監視されるし、カメラを取り上げられるし、インタビューを断られる。
登場する関係者は口を揃えて「危険だ」と忠告する。

それでも取材を続けるからこそこうして世界に発信できているのだ。

 

ジャーナリストは本当に凄いと思う。

シリアやミャンマーの現状を報じる人がいることに、心から敬意を表したい。

緊迫した映像を見る度に僕に同じことができるだろうかといつも考える。

休日を家の中で過ごした自分にもできることがある。それは知って、考えて、行動することだ。

知ることは世界を広くする。

f:id:mumusanopinojr:20210416082832j:image

赤ちゃんはすごい!パン

ムムサノピーノです。

あと2ヶ月ほどで「父親」になります。

妻のお腹に向かって絵本の読み聞かせをしてみるとどうやら僕の声が聞こえているようで、ピクピクっと反応を示すようになりました。

そこに「命」が宿っているのだということを日々実感します。

 

出産を直前に控えた我が家ではこんな作品を視聴しました。

www.netflix.com

『赤ちゃんを科学する』

タイトルのとおり、主役は生後間もない「赤ちゃん」。

世界の様々な研究者の実験と共に、赤ちゃんが持つ能力を解き明かしていくというドキュメンタリー番組です。

 

例えば「はいはい」に関する実験では、1本道の先で親がおもちゃを持って呼んでいて、赤ちゃんがはいはいで親の元へ進んでいくのですが、2回目以降その道のりが下り坂になり、3回、4回と挑戦する度に下りは急になっていきます。

すると、ある時点から赤ちゃんは一度動きを止めて足から降りようとしたのです!

この行動から、このままはいはいで突っ込んでいくと危ないということを察知していることがわかります。

 

また別の実験では、3種類の人形が登場する人形劇を見せます。1人が急な坂を上ろうと苦労しているところを2人目が下から押し上げてあげます。やっと上りきったところで、3人目が上から突き落とします。この人形劇を見た後で2人目と3人目のどっちが好きかを尋ねると、多くの赤ちゃんが2人目の人形を選びました!

つまり、言葉で説明がされていなくても、道徳的な行為を理解し好意的に受け取っているということです。

 

その他にも、食事や睡眠に関する実験や、赤ちゃんの動き・視線はどうなっているのか、などなど子どもを持たない人にも興味深い内容が続きます。

 

この番組にはもう1つの楽しみがあります。

それは実験に参加する赤ちゃん以外に、シリーズを通して取材した数組の親子の映像が挟まれることです。それぞれの赤ちゃんがとても可愛く、毎回違った行動を見せてくれるので、回を追うごとに愛着が湧いてくるのです。

 

うちの子も胎児である今まさに成長を続けています。赤ちゃんでもできることは何か?これから何ができるようになっていくのか?しっかりと見守っていきたいと思います。

f:id:mumusanopinojr:20210330165951j:plain

アイヌ民族差別パン

日テレは謝罪なんかしなくていい!

 

アイヌ民族への不適切発言が炎上したことで、日テレ側が謝罪したことが連日話題に上がっている。

 

何というか、今回の一件を経て世間的にもメディア的にも、

「また差別発言になっちゃまずいから今後アイヌのことは触れないでおこう。よく知らないし」

って流れになるだろうなと感じた。

それが一番まずい。

そうやってこれまでも障害者や被差別部落の話題なんかを避けてきたんじゃないだろうか。

「知らない」→「間違えたらまずい」→「やめておこう」を繰り返した結果として不本意アイヌ差別が生まれてしまったんじゃないだろうか。

 

日テレの「とりあえず謝っておこう」程度の謝罪なんて一切する必要はない。

 

本当に申し訳ないと感じるなら、昨年北海道白老にできたばかりのアイヌ文化の博物館『ウポポイ』のロケでもしてアイヌを知る特集でも作ったらどうだろうか?

 

ネットニュースも炎上を面白おかしく取り上げるばかりで、ウポポイの「ウ」の字も、アイヌの文化を伝えることも、何ひとつ書いちゃいない。

 

本質から逸れたところで騒ぐのはもうやめにして、知らないことをみんなで学んでいけるといいな。

f:id:mumusanopinojr:20210317002409j:image

成長の道筋パン

小学生になると漢字を習う。

僕の名字は比較的簡単な漢字だから1年生で習ってからはすぐ漢字で書くようになった。一方で名前の漢字は難しいのでひらがなで書いていた。いつしか習ってない漢字は書かないものだと思い込むようになり、名前の漢字2文字の片方だけ漢字でもう片方はひらがなというアンバランスな書き方をした時期もあったように思う。例えば「たなかまさひろ」が「田中まさ大」みたいな字面になる。

 

しかも僕の名前は常用漢字ではないため、実は高校でも習うことがない。多分小学校高学年くらいから自然と書くようになってはいたけど、習わないと使ってはいけないという思い込みはどこか身体に染み込んでいた。

それは大人になってからも続き、テニスのレッスンでスライスショットについてまだ教えてもらっていないから使わない、と考えたこともあった。我ながら馬鹿馬鹿しい思い込みに支配されていることが恥ずかしい。

 

結論を言うと、例え習ってなくても知っているなら使った方がいいに決まっている。

習ってない漢字でも書けるなら書いた方が伝わるし、スライスショットでも使えばラリーは続く。

 

どうしてこんなことを考えたかというと、赤ちゃんの「発達が遅い」という言葉が引っかかったからだ。

他の子と比べて二足歩行できるのが遅いとか、乳離れが遅いとか、周囲の大人はどうしても「遅い」ことに焦りと不安を感じてしまう。

 

だけど本当のところ、人間の成長なんてそれぞれ違う。それは遺伝子による差もあれば外部環境による差もある。それを少ない判例と比べて早いとか遅いとか言ってしまうべきではない。

 

同様に、かけ算の九九は2年生からとか、歴史の授業は5年生からとかいったカリキュラムは、単に文科省が勝手に決めた学校教育のための指針なんだとわかっておきたい。

つまりまだ習ってなくても織田信長を知っていたっていいし、逆に言えばみんなが九九を覚えて自分だけまだ上手く理解できてないということだって悪いことじゃない。

 

歳をとってからプログラミングを習得した人もいるし、大学に通い直す人もいる。

 

人間の成長に「まだできない」や「もうできる」なんて言葉は要らない。この道筋は一本道じゃないのだから。

f:id:mumusanopinojr:20210303220118j:image