不名誉なパン屋さん

小麦粉をこねてパンを焼きます

知らないパン

ニュースとかの話をしてるとよく「興味ない」とか「めんどくさい」とか言われて「うるさい」と思われてしまうこともある。そんなに難しい話はしていないのに。

 

今でいうと森友学園とか共謀罪とかてるみくらぶとか雪崩事故とか、

別に内容まで詳しく知らなくても今こんだけ話題になってる言葉を聞いたことすらないのはちょっと危ないと思ってしまう。

でもそれを指摘すると「お節介だ」と言われるから八方塞がり。

 

世の中いろんなところでいろんな事が起きてる中で、それらを「興味ない」で簡単に終わらせる人が僕の周りに多い気がする。

そもそも興味あるないの話ではなく何かしら意見とか考えを持つのは大事だと思う。

それを単に「知らない」で済ませてしまう人がいることがもはや怖い。

 

でも実は、人々が「知らない」と答えてしまうのは彼らが悪いのではなくて彼らまで伝える力のないメディアが悪いんじゃないだろうか?

街中どこもかしこもみんなスマホを見てるくらいみんな膨大な情報を浴びてるにも関わらず「知らない」が起こるということは実は自分の好きな情報しか入ってきてないということの裏返しではないだろうか?

このことに一度は気づいた方がいいと思う。

本当に重要な情報は受け取る力がなければ捕まえることはできない。

 

こういうことを僕の友達に話すと「説教くさい」と捉えられてしまう。

 

僕としては

「知らない」「興味ない」「めんどくさい」「お節介」「説教くさい」「うるさい」

これらを放った時点でその人は思考が停止してるとすら思う。

僕は人からよく「考えすぎだ」と言われるけど、

みんな、考えなさすぎじゃね?