不名誉なパン屋さん

小麦粉をこねてパンを焼きます

配達パン

職場に毎日とある配達業者が荷物を持ってきてくれる。

彼らがいないと世の中の物流は回らない。

もちろん感謝してるし労働時間の問題も他人事じゃないと思う。

 

ある時期からうちへの配達が遅れるようになってきた。

午前中配達のものが午後に来る、みたいなことが増えてきた。

指定日に届かなかったことも何回か、ある。

もちろん予定通り届かないとこっちも仕事にならない部分はあるんだけど、多少遅れたくらいは問題ない。その日のうちに持ってきてくれれば事足りる。

だから別段文句も言わない。

配達が大変なんだろうなぁと思う。

 

ただ、近頃よく遅れてくることについて少し想像してみる。

ネット通販の普及で配達業者が苦労してるのは知っている。

そのことで荷物の到着が遅れたりもする。

世の中にはとても気の短い人もいる。

もしその配達先の人が怒ったとしたらどうだろう?「遅いじゃないか!」

しかし怒られたとしても荷物の量は変わらない。

また別の日、頑張って配達しても遅れが出る。

「この前遅いと言ったのに、また遅れるのか!」

「すみません・・・」

こんなことが何回か続く。一日で何回謝っただろうか。

「午前中配達なのに、遅れてすみません!」

「いえいえ、ご苦労様です」

こんなことが何回か続くうちに自然とこんな考えが芽生える。

(いつも怒られるあっちを先に回ろう)

怒られるのを回避するために配達ルートを変更する。当然の選択。

その結果、怒った客の荷物は早く届き怒らない客の荷物が割を食うことになる。

想像だけどないとも言い切れない。

 

このままじゃだめ。

怒った者勝ちの社会ができあがってしまう。

怒った方が得をしてしまうのでどんどん怒る人が増える。

もっともっとやさしくなろう。

その上で、配達業者の方々に頑張ってもらおう。