不名誉なパン屋さん

小麦粉をこねてパンを焼きます

美女と野獣パン

ディズニーの「美女と野獣」のアニメと実写を観ました。

実は初めて観ました。

 

結論から言うと、

めっちゃ好き!傑作!

 

そして同じく実写版映画を観たという友達に感想を聞くと、

エマ・ワトソンが可愛かった!」と言った。

 

違うやん!!

ホントに映画観たの??

 

美女と野獣」って、

カッコいいけど性格の悪いガストンよりも、醜いけれど心優しい野獣を愛するという、見た目よりも中身が大事だよね、思い込みじゃなくお互いをしっかり理解し合おうって物語じゃない?

 

その感想が「エマ・ワトソン可愛い」だったら映画の内容なんかどうでもいいってことになっちゃうよ!

(それだったらハリーポッターの感想だっていいじゃん!)

 

僕がこの映画のいいなと思ったポイントはもう一つあって、

ガストンが「野獣は危険だ!村を襲ってくるぞ!」って村人を扇動するシーン。

これに乗せられて村人たちは「野獣を殺してしまえ!」って攻め入ろうとする。

やってることヒトラーと同じじゃんって思った。

こんな強烈なことを表現してたんだって、多分子供の頃に観てたら気づかなかったかもしれない。

 

話は戻って「エマ・ワトソン可愛い」って感想について。

「歌が上手い」でもなく「演技が素晴らしい」でもない、

中身に何も触れない「可愛い」という感想。

可愛いものは良くて、可愛くないものは良くない。

これって結局、大きな牙と鋭い爪を見て「野獣は危険な存在だ!」と決めつけてベルの話に耳を貸さないガストンと村人たちみたいになる危険性あるよね。

何が言いたいかというとこれが差別や排斥、もしかしたら戦争にだって繋がるかもしれないってこと。

だって村人たちはものの数分で「野獣を殺せ!」に切り替わったんだもの。

 

あれは良い、これは悪い、って

決めつけるんじゃなくてちゃんと知ってから考えようよ。